電車でグリーン車に乗ることは単なる贅沢ではない その2

2019年6月3日

前に書いたように、グリーン車で要らないストレスから開放されて目的地に行くということには十分なアドバンテージがある筈です。この辺の事は、新幹線通勤をしている人こそ、重々理解してくれるのではないかと思います(近頃は、新幹線通勤でも、混んでいるらしいです。)。

でも料金が高いじゃないかという方には、まず普通列車のグリーン車に乗ってみることを提案します。大宮から横浜まで京浜東北線で行くのと湘南新宿ラインのグリーン車で行くのとでは、グリーン車の方が圧倒的に好ましいです。

実際、普通列車のグリーン車用定期券もあります。知人が東海道線で藤沢から品川まで通勤していました。毎日の朝夕の通勤で、疲れなくて良いとのことで、この疲れないことにグリーン車分のコストを払っても無駄ではないと話していました。

主に首都圏エリアでは、東海道線、横須賀線、湘南新宿ライン、上野東京ライン、東北線、総武快速線などに普通列車グリーン車がついています。また、朝夕のいわゆる通勤ライナーもほぼ同じで、着席して利用できます。最近では、着席しての利用ニーズに的を絞って、私鉄各社も座席指定列車を導入しています。
例えば、横浜から埼玉まで、乗り換え無しで、行くことができます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.