JR東日本の電子マネーの取り扱い拡大の影響は?

JR東日本と言えば交通系ICカードSuicaが電子マネーとして浸透してしまっており、ポイントはJREポイントというのが現状ですが、来春より他社の電子マネーが駅構内や駅ビルで順次使えるようになります。これは、キャッシュレスの視点から見るととても大きな変化だと考えられます。
今回の、JR東日本における電子マネー他社の使用可能化はキャッシュレス化の進展には大きく影響する可能性があります。使用可能となる電子マネーは、次のとおりです。
NTTドコモのiD、JCBのQUICPay、セブンのnanaco、楽天の楽天Edy、イオンのWAON。
これら通信系、カード系、流通系と多方面の電子マネーが使えるようになることで、色々な利便性の向上が期待できます。ただ、電車に乗れるのは今と同様Suica等交通系ICカードのみであることから鉄道本業以外での各電子マネーの使用を期待しているものと考えられます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.