クレジットカードのデジタル化は進むか

クレジットカードやキャッシュカードをスマートフォンに格納するデジタル化を進める金融機関が現れています。
このメリットはスマートフォンにカードそのものが格納されるので、電子決済、電子マネー、ポイント管理など多々あります。
デメリットはスマートフォンを失くすか、故障が起きるか、ネットに繋がらないか、対応カードが増えるか等です。
また、スマートフォンのOSにより対応できる機種とできない機種が存在します。

何でもかんでもスマートフォンに集約したい人は実行するべきでしょう。
自分は、カードは本物を持っていたいので、スマートフォンには格納しないと思います。
また、関係するアプリを沢山DLするのも面倒です。

不思議なのは、日常いつもコンビニやスーパーで買い物の決済を観察していますが、スマートフォンで決済する人はまだ殆ど見たことが無いことです。西友からウォールマートが手を引きますが、確かに西友では常時割引のウォールマートセゾンカードが多用されていました。

また、店舗側からすれば、スマートフォン決済可能な機器の導入の必要があり、設備投資が必要です。
この点もカードのデジタル化が進むか否かのポイントと思えます。

次回は、キャッシングカードの優れた使い方を書こうと思います。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.